Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

にっしょうかん別邸 紅葉亭 : 卓袱料理(しっぽく)の夕食

卓袱料理

中国料理や西欧料理が日本化した宴会料理の一種。長崎市を発祥の地とし、大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味わう形式をもつ。和食、中華、洋食の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理とも評される。

長崎を訪れた目的の一つがこの卓袱料理でした。この「にっしょうかん別邸紅葉亭」では、多くの食事付きプランで卓袱料理か懐石料理かが選択できます。卓袱料理の中でもいくつか種類が分かれており、今回私たちは「白鴎」というメニュー付のプランにしました。

メニュー

御鰭椀:「お鰭をどうぞ」、卓袱料理はこのお椀から始まるのがルールとのことです。その後は、何に手を付けても良いとのことでした。ちょっと見にくいですが、鯛の切り身に刺さっているのがお鰭です。

f:id:vtzr:20180105180955j:plain

御通し:鮟肝(あんきも)豆腐
珍味:茶ぶり海鼠(なまこ) 鯛昆布〆酒盗和え 自家製唐墨
酢物:あこう湯引き 鯨ベーコン
蜜煮:丹波黒豆の密煮

これだけで相当なボリュームです。クジラベーコンは多分はじめて食べましたがあんなに固いとは思いませんでした。なかなか大人な味が多いですね。

f:id:vtzr:20180105181100j:plain

刺身:地魚姿造り 平須 雲丹 栄螺冷。前菜と一緒に出されたお刺身。刺身定食でもこんなに出てきませんよ、二人で食べきるのは無理です。最初の10切くらいはおいしくいただけました。その後は惰性に・・・

f:id:vtzr:20180105181712j:plain

f:id:vtzr:20180105181130j:plain

その後は温かい料理が続々と到着します。

中鉢:名物豚角煮、和華欄の華代表ですかね。おいしいです。
変り鉢:鮑袱紗(ふくさ)焼き。奥に見切れていますが、アワビがふんわり卵に包まれた感じの料理で、見た目以上にヘビーです。

f:id:vtzr:20180105184935j:plain

汁物:欄代表、パスティ、これも初めてでした。想像がつかない感じでしたが格子状のパイの下は、、、

f:id:vtzr:20180105184925j:plain

スープでした。それで汁物の分類なのですね。スープ大好き、ゆで卵以外は食べました。パイはスープに浸しても、別々に食べてもとのことでした。この料理は好き嫌いが激しく、嫌いな人も結構多いとのことでしたが、私たちは好きでした。

f:id:vtzr:20180105185020j:plain

パイ自体も結構バターが効いておりおいしいです。ただ、全体この量の中ではどうしても後回しにせざるを得ない、選択式卓袱料理があったら組み込むレベルで気に入りました。

f:id:vtzr:20180105185910j:plain

蒸し物:海鮮蒸し(海老 甘鯛 水烏賊ゲソ 栄螺)、もうこの辺になるとお腹いっぱいで、、、お腹が空いているときに食べればすごくおいしいと思うのですが。

f:id:vtzr:20180105185919j:plain

仲居さんは終わった皿は片付けていきますが、だんだん食べきれなくなり「もうちょっと頑張れ」と言い残し机の上に溜まっていきます。

f:id:vtzr:20180105191239j:plain

遊び始める。。。

f:id:vtzr:20180105194533j:plain

f:id:vtzr:20180105191443j:plain

いよいよ最終ターン

御飯:旬菜の釜飯
香物:三種盛り
水菓子:果物と自家製洋菓子の盛合せ
梅椀:小倉汁粉

釜飯はアサリご飯でした、最後の最後はお汁粉で締めるというのもルールとのことです。私たちは、甘いものの別腹がありますが、甘いものが苦手の方は満幅の状態でこれは辛いかもしません。

f:id:vtzr:20180105193418j:plain

まとめ

人生初の卓袱料理でしたが、外国との交流があった長崎っぽい料理が独特かつ豪勢で非常に楽しめました。このものすごい量は、もともとホテルのWebサイトの情報でもある程度分かっており、お腹のすき具合も調整してきたつもりですが、多くの人は食べきるのは無理かと思います。今回は卓袱料理の個々のメニューを経験するのが目的でしたので皿数を減らすことはしませんでしたが、紅葉亭では量を減らす(その分質を高めてくれる)調整が可能ということですので、もし次回機会があれば調整をお願いしようと思います。

あと、訪れた時期が冬でこの部屋が調理場から外廊下かつ相当距離があるのでやむを得ないのだと思いますが、若干冷めてしまっていた料理がありました。食事のコンディションに焦点を合わせるのであれば、特別室ではなく内廊下でつながっている2,3階の部屋の方がいいかもしれません。

ちなみに選択式卓袱料理が可能だった場合は以下のような感じにしようかな・・・

  • 尾鰭椀 要
  • 珍味 なまこ 不要、酒盗和え 不要
  • 酢の物 クジラベーコン 要(一切れ)、あこう 要
  • 黒豆 要
  • 刺身 要(3切れづつで)
  • 豚の角煮 要
  • 袱紗焼 不要
  • パスティ 要
  • 海鮮蒸し 不要
  • 御飯、香物 要
  • お汁粉 要

派手さのない無難なラインナップになってしまった・・・もともとコンサバな私たち・・・

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ

 

にっしょうかん別邸 紅葉亭 : 部屋

f:id:vtzr:20180106080232j:plain

テレビで紹介されていたのは和洋室でそれでもいいかとおもっていたのですが、結局特別室(檜)にしました。

部屋の選択

ホテルのWebサイトを見ていて、100sq.mを超える広さの特別室なる部屋があることが分かりました。しかも早めに予約すれば、差額は2万円程度で部屋の広さは3倍、朝夕の食事もグレードアップ。悩ましいのは、これらの部屋は1階ですので、眺望という点では、他の部屋より不利です。どちらを取るか、うーん今回は、眺望は稲佐山展望台に行きますし、快適性と卓袱料理だということで、特別室にしました。

特別室の中での部屋の選択

さらに、部屋の希望があれば出来るだけ対応するとのことでした。間取りプランがWebサイトにあるのでそちらを研究。最初は和洋室がいいかと思いましたが、住むわけではないですから、洋室、応接セットは特になくても構いません。優先すべきは、メインの眺望をワイドスパンで繋げて使える部屋とするか、中庭方面へのスルーとするか。結局ワイドスパン側を繋げて使える部屋「檜」にしました。

間取りはこちら

特別室(檜)

メインの部屋&次の間

メインの和室は12.5畳、これだけでも十分な広さですが、

f:id:vtzr:20180105155117j:plain

次の間、7.5畳と合わせて20畳の大広間で利用できます。それぞれ広縁に面しその先は掃き出し窓で明るく、眺望も抜群です。

f:id:vtzr:20180105153538j:plain

広縁からの眺め、絶景です。一階ですので木々で隠れている部分が一部ありますが、それでも十分な眺望です。

f:id:vtzr:20180106073709j:plain

茶室

入り口側にもう一部屋あります。茶室になっていますがお茶はしませんので完全に使い道ないです、ただ、手入れされた中庭に面しており優雅ですね。トータルで5分くらい、中庭を堪能しました (^-^) 長く横切っている水路には錦鯉が放たれているのですが、私たちの部屋の前には全然来ませんでした (T_T)

f:id:vtzr:20180105154359j:plain

夜にはライトアップされます。部屋によっては、メインの部屋とこの中庭に面した部屋をスルーで使える部屋もあります。これだけきれいにライトアップされるのであればそちらのレイアウトが同時に楽しめていいかもしれません。

f:id:vtzr:20180105213807j:plain

翌日朝、日が差します。屋根の上も一部苔むした感じでなかなか情緒があります。

f:id:vtzr:20180106080054j:plain

眺望

長崎の市街地から湾の先には女神大橋が入り、右には昨日訪れた稲佐山、こちらからの構図もなかなかいいです。

f:id:vtzr:20180105174952j:plain

グラバー園方面のズーム、紫色のライトアップは、グラバー園の斜行エスカレーターです。その下の枠取りされているのが大浦天主堂(入らず)です。

f:id:vtzr:20180105200734j:plain

 朝焼けの長崎

f:id:vtzr:20180106065101j:plain

まとめ

なかなかない広さの部屋に比較的リーズナブルに泊まれる特別室プラン、食事もランクアップしたメニューを選べますので、価格差以上の価値が得られると思います。もし、この部屋を希望する場合は、部屋数は5室しかありませんので、早めに予約するのが良いと思います。

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ