Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Egyptair(エジプト航空)MS840(ヨハネスブルグ → カイロ)ビジネスクラス搭乗記

f:id:vtzr:20190818144622j:plain

18:00にチェックインしてお土産物屋さんをはしご、ちょこっとラウンジで休憩、着替えをしたらもう搭乗時間です。ヨハネスブルグの空港は2時間程度であれば余裕で時間が潰せます。最後の買い物を楽しみました。

ここから、私たちは航空券上は日本への帰路に入るわけですが、そのまま日本に帰るわけではなく、カイロ経由でブダペストに向かいます。ブダペストは4年ぶり、クルーガーを離れるのにそんなに名残惜しさを感じなかったかのは、その次なる目的地へのワクワク感が一方であったことによります。ブダペスト3泊後、陸路でウィーンに移動し1泊、その後日本に帰ります。

フライトはヨハネスブルグを21:45に出発、カイロには5:35に到着、フライト時間は7時間50分です。オーバーナイトとしては若干短めですが、カイロに着いてからカイロ空港で6時間のトランジットとなりラウンジで休憩できますのであまり寝れなくても大きな影響はありません。この路線は流石に日本人はおろかアジア人も皆無でした。アフリカ1位、2位の経済都市間の路線ということで仕事と思われる方の割合が多かったです。

f:id:vtzr:20190607210949j:plain

Airbus 330−300

シート

2−2−2のシート配列、座席は平らになるけど水平にはならないライフラットです。アエロフロートのシートと同じかな???最先端のシートピッチに比べると若干狭いですが、寝られないレベルではありません。画面に手が届きタッチパネルの操作がちゃんと出来るのが斬新です、嫌味じゃないですよ。

f:id:vtzr:20190607210640j:plain

 

エンターテイメント

こんな路線でも表示を日本語にすることが出来ます。日本語の映画はどうだったかなー、覚えてないです。

アメニティキット

エジプト航空は、路線によってあったりなかったりいまいち安定しないようですが、この路線では配られました。スクエアでなかなか使い勝手の良さそうなケースに入っています。 

f:id:vtzr:20190607213102j:plain

中身も結構盛りだくさんで、ホルスのロゴマークの入った木のブラシなど他で見ないものもありました。他にはドイツのAIGNERというコスメブランドの商品がいくつか入っていました。その中でスプレー型のリフレッシュウォーター(右側)は、この後の暑かったブダペストで気化熱で温度を下げ涼しさを感じるのに大変役に立ちました。エジプトも日中は40度くらいまで上り暑いですからね、これはそうした訪問者への気配りなのでしょうか。

f:id:vtzr:20190607214052j:plain

スリッパはなかったです、残念です。

機内食

私たちはお酒を飲まなないので影響ありませんが、エジプト航空は宗教的な観点からアルコールの提供がありませんのでご注意ください。持ち込みはOKのようですが、利用者の中には一定数のイスラム教徒の方がいますので控えれるのであれば控えた方がいいでしょうかね。

ディナー

メニューは確か配られなかったと思います。まずは、前菜のプレートが配られます。サランラップは外し忘れ???まあいいか。グリークサラダとサーモン、白身魚、パプリカ、チリソースといった感じです。普通に美味しくいただけます。

f:id:vtzr:20190607222410j:plain

もう1つの器の中には、パター、チーズ、塩胡椒など、、、ホルスマーク付で独自に製造しているようです、さすが国営です、金かけてますね。

f:id:vtzr:20190607222841j:plain

メインはワゴンサービスでやってきます。見た目で選べるのは文字で判断するよりギャップが少ないのでありがたいです。特にアラブ系の料理は文字で読んでもさっぱり分からないですからね。

f:id:vtzr:20190607223928j:plain

メイン1:私(嫁)選択のチキンカレー&サフランライスでしょうか。まあ、チキンは外れにくいというのはありますが、先ほどペリペリチキン食べてきたばかりです、、、夜の11時にステーキはヘビーだという消去法での判断でしょうか。

f:id:vtzr:20190607224038j:plain

メイン2:私(旦那)選択のビーフステーキ。付け合わせ含めて極めてオーソドックス、想像通りのお味で満足です。

f:id:vtzr:20190607224049j:plain

メインは他にもう1種類ありましたが覚えていません。

デザート&フルーツもワゴンサービスです。フルーツはおまかせでも自分で指定することも可能です。

f:id:vtzr:20190607230639j:plain

デザート&フルーツ1:私(嫁)選択のパッションフルーツのタルトとフルーツ盛り合わせ。コーヒーはマグカップか小さめのカップか聞かれます。カップはスクエアでお洒落です。

f:id:vtzr:20190607230816j:plain

デザート2:私(旦那)選択のチョコレートケーキ、ベリーソース。印象に残っていませんが美味しくいただいたと思います。

f:id:vtzr:20190607230802j:plain

朝食

到着の2時間前から朝食セットが配られます。ディナーを食べてから4時間くらいしか経っていませんので全くお腹が減っていませんがいただきます。何かメインが別に出てくると思いきやこれで終わりでした・・・コンチネンタルブレックファストですね。バランスが悪いので左上の器に入っていたジャムなどを一番大きなお皿に出してみます。フライトの後半ということもありパンは若干パサパサ気味でした。マンゴージュースは美味しいです、加糖されてるかな???

f:id:vtzr:20190608033848j:plain

7時間50分のオーバーナイトフライトでちゃんとテーブルクロスをかける食事を2回出すだけでも、頑張ってる方かと思います。

窓からの眺め

エジプトといえば古代遺跡。はい、階段ピラミッドをどうぞ〜、、、夜明け前ですので若干ピントが甘いですが、おそらくジェゼル王のピラミッドなるものかと。カイロ中心部からちょっと離れていて2018年に訪れた際はギザのピラミッドだけでこの辺は諦めましたが、まさかこんな形で見ることができるとは・・・ラッキーでした。

この路線使われる方がいましたら到着30分前くらいからは外を眺めていると色々見付けられるかもです、いないか・・・

f:id:vtzr:20190608050052j:plain

まとめ

ANA特典航空券での発券で、発券開始の330日前での検索では、ヨーロッパーアフリカ間はここか南アフリカ航空しか出てこなかったので止むを得ず、積極的に選んだ訳ではありませんが、まあまあ、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。機材は角度のあるライフラットで若干古臭いですが、機内サービスは悪くなかったです。アメニティも充実、最後にはカイロ周辺のピラミッドが見られて「エジプト」航空らしさ?も体験することができました。ただし、お酒は出ませんのでお酒を楽しみにされる方にはおススメ出来ません。

関連記事

旅行記トップ