Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

日光金谷ホテル

f:id:vtzr:20190103145700j:plain

今回の旅行のテーマの1つだったため記事数がすごいことになってしまいました・・・まとめて置きます。

部屋

別館の部屋をアサインいただきました。クラシックな雰囲気と大谷川と男体山が眺められゆっくり出来ました。

レストラン

クラフトラウンジ

百年ライスカレーとデザートを満喫できました。

メインダイニング

こちらも百年前のレシピをもとにしたクラシックディナーを堪能しました。当時入手が難しかったであろう素材などのお話も聞けていい経験になりました。

フルブレックファストにお正月特典としてのおせち&雑煮サービスがありました。年末年始でハイシーズンレートでしたがこうしたサービスがあるとコスパはそんなに悪くない気もします。

小食堂

こちらもお正月のおしるこ振る舞いがたまたまここで行われており、観光(勉強?)で疲れた頭に甘いものが沁みました。元々のメインダイニングですが、今現在はベニューとしての役割で通常入ることができない場所でしたが入れてラッキーでした。

その他グルメ関係

金谷ベーカリーのカレーパイとパンもせっかくの機会でしたので試してみました。

バレンタインデーにはたまたま通りがかった品川駅に金谷家から派生した「ジョン・カナヤ」が来ていました。すごい偶然、こちらも試してみました。

他施設

ロビー

客室数の割に大規模なロビーでした。食事前後や初日の観光前、2日目の観光後など何かと立ち寄らせていただきました。宿泊者以外にもオープンな雰囲気で好感が持てました。時間によってはガラガラです。

f:id:vtzr:20190106021223j:plain

ロビーからの眺めもなかなかです。

f:id:vtzr:20190103120541j:plain

ギャラリー&レクレーション施設 

他にも本館2階などにも色々と展示品がありました。

散策路

大谷川に降りられます。他にも裏山(大黒山)1周30〜40分の散策路もあるようです。

まとめ

特に食事に関しては、3食+軽食(百年カレーパイ)コンプリートということで、昔に想いを馳せながら楽しませていただきました。滞在自体も、結局チェックイン開始の15:00からチェックアウトギリギリの11:00までめい一杯、部屋やロビーだけでなく、ギャラリーやレクレーション施設まで見学させていただきました。日光の社寺とともに、今回の旅行の1つのテーマである日本有数のクラシックホテル金谷ホテルを十分に満喫することができました。今度は冬ではなく温かいときに、中禅寺や華厳の滝などとあわせて改めて訪問したいですねー。ただ、ダイニングのメニューがあまり変わっていないようですので、そこだけ定期的に変えて欲しいところです、場所柄リピーターは少ないのかもしれませんが、同じ食事メニューとなるとちょっと楽しみが減ってしまいますので、、、

関連記事

旅行記トップ