Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Extremeな旅行計画に役立つトラベルTIPS一覧

f:id:vtzr:20080830131207j:plain

 

Extremeな旅行計画を立てるテクニック

色んな所に行ってみたい♪でも日程も予算も限られてる(><)・・・誰もが直面するこの葛藤。旅行をする時に一番肝心なのは、行きたいところを無駄なく無理なく楽しむための『旅行プラン』です。ツアーと違って、個人手配の旅行の場合は、日程から行先や移動ルートなどゼロから自分で決めることができます。その分、事前の情報収集やプランニングに手間がかかることも事実。しかしっ!旅行の準備も旅行の一部、実は一番ワクワクして一番楽しい時間なのです☆ここでは私たちの旅行準備、満足度の高い旅行計画の立て方についてご紹介します。

旅行計画の立て方① 旅行の大枠『行先、旅程』の決め方

今年の夏休みはどこへ行こう?そう考え始めた時からその旅行は始まっています。限られた日数でどこをどう回るか、それを決めるポイントをご紹介。

フライトに関する6つのテクニック

海外旅行の場合、予算の中で無視できないのが交通費、主に『航空券』です。どうしても数万円~数十万円はかかってしまいます。早割り、直前割り、各種キャンペーンなどを利用する方も多いと思いますが、それ以外のテクニックとして、交通費のコスパを最大にするワザをご紹介します。限られた時間と予算の中で、最大限のコスパを発揮する『旅程設計テクニック集』です。これまでの旅行で実際に活用した例も載せていますので、旅行記と合わせてお楽しみください。

フライト攻略① オープンジョー

私たちの旅行の最も基本的なスタイルを支えてくれるワザです。1回の旅行で数か国を周りたい!という欲張りな旅程にピッタリ★

フライト攻略② ストップオーバー

直行便より乗り継ぎ便、トランジットで通り過ぎるだけなんて勿体ない!!長時間フライトは疲れるので苦手!という方にもピッタリ★ 

フライト攻略③ 片道航空券(ワンウェイチケット)

マイル特典の中でコスパ最高の「マイル特典航空券」を大いに利用しましょう。渡航先の通貨によってはお得な旅程が作れます♪

フライト攻略④ 海外発券

かなり上級者テクニックな気もしますが、ネットの普及でそうでもない。航空会社の海外サイトで買う場合日本支社でサポートも受けられます。航空券に限らず日本で買うより、海外で買った方が安い、なんてことはザラにあります。

フライト攻略⑤ 短距離路線

LCCに限らず、短距離路線は低価格設定でお得♪  LCCは遅延、フライトキャンセルには注意しながら目的地近隣諸国を周遊しちゃいましょう。

フライト攻略⑥ 飛行機以外の交通手段

高速電車や高速バス、フェリーなどで旅の移動に彩りを☆主要都市間は交通網も発達していて、日本に比べ格安で快適に移動できます。 

これまでの旅行で活用したテクニック

時期 旅行先  オープンジョー ストップオーバー ワンウェイチケット 海外発券 短距離路線 飛行機以外
'18/09 タイ・エジプト・トルコ 〇     
'17/07 モスクワ+旧CIS訪問2      
'16/06 パリ、南部アフリカ、ドバイ  
(復路&短距離)
 
'15/12 マレーシア、ベトナム、台湾


(短距離)


(短距離)

 
'15/08 中欧周遊+ローマ再訪、アブダビ      
'14/08 バルト海周遊  
(短距離)

(短距離)
'13/09 南アジア
(短距離)

(短距離)
 
'12/09 ヨーロッパ周遊 (モスクワ、パリ、ブリュッセル)    
'11/08 ランカウイ、香港          
'10/08 ヨーロッパ周遊 (イタリア、パリ、ウイーン)
(短距離)

(短距離)

知っておいて損は無い!マイル有効活用のポイント

飛行機に乗った距離や座席のクラスによって加算される『マイル』。旅慣れた旅行者なら、この重要性は十分認識しているはずです。これまでの旅行で発見した効率的なマイルの使い方のノウハウなどをまとめました。一般的なマイル活用サイトとは一味違う、マイルの考え方やお得な使い方をご紹介します。

マイル活用① あえてマイルに縛られない戦略をとるべし!

マイルをたくさん貯めるためには、一つのマイルに集約するのが一番近道!という常識。ほんとにそれがベストか?という提言

マイル活用② デルタ航空の特典航空券はこう使え!

いつもお世話になっているデルタ航空のマイル、色々な恩恵に与かってます。(^^)
最近一番のヒット情報、こんなにお得になるなんて知らなかった☆

失敗しないホテル選び

航空券と並んで大きなコストとなるのがホテルです。「ホテルなんて寝るだけの場所」そう思っていた私でしたが、目的に合わせたホテル滞在を繰り返す中で、どんなホテルに泊まるかで、その土地の特色の感じ方、一方で滞在拠点としての快適性など重要なポイントだということに気づかされました。

ホテルの選び方① 

基本的に私たちは多少のコストがかかっても拠点としての快適性や、眺望や歴史など、その滞在地の体験が得られるホテルを選択しています。

ホテルの選び方② ホテルチェーン、ロイヤリティプログラム

それなりのコストをかけるのであればホテルチェーンのリピーター向けプログラムも活用できるとベネフィットが得られるケースがあります。グローバルで展開しているホテルチェーン、プログラムの特徴を独断でまとめてみました。

ホテルの選び方③ HHonors

ヒルトンホテルグループの顧客囲い込みシステム"HHoners(エイチ・オーナーズ)"。
なんだかんだ10年来のお付き合いです。最近ご無沙汰気味ですが、部屋を指定できるのは強力です。

ホテルの選び方④ Global Hotel Alliance (GHA) Discovery

一時期出張の定宿がこちらのアライアンスの傘下であったことから知りました。よくよく調べてみると、加盟ブランド、ホテルはまあまあ、上位ティアへの昇格条件も低く、ベネフィットなどもそれなりに価値があると思います。加盟ホテルが日本に1件もないため、海外専門となりますがご紹介します。