Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

2019年6月 アフリカサファリ・中欧の旅

(2019/11総括追記)

f:id:vtzr:20190605074803j:plain

テーマ

ANA特典航空券で東南アジア・アフリカ・ヨーロッパ 総移動距離 39,500km(地球0.98周)大周遊の旅

プランニング

この旅程に至った経緯はこちらを参照下さい。

ANA特典航空券発券

2度目のサファリプランニング

後半、中欧部分のプランニング

期間・訪問先

期間:2019/05/31 ~ 2019/06/13

訪問先:

旅程

旅行記事はリンクをクリックして下さい。もしくは一覧から。

現地時間・スケジュール 宿泊
1 退社後 身支度を整え羽田空港へ
00:40 羽田発 ANA NH843(7h00m)
機内泊
2 06:40 シンガポール
    シンガポール半日観光
    プラン:ガーデンバイザベイ
    プラン:カヤトースト・チキンライスあたりの食事
    プラン:15年ぶりのマーライオン再訪
13:30 シンガポール航空ラウンジ
14:30 シンガポール発 Singapore Airlines SQ872(4h10m)
18:40 香港着
    プラン:POKEFI購入作戦
    香港空港タイ航空ラウンジ
23:55 香港発 South African SA287(13h10m)
機内泊
3 07:05 ヨハネスブルグ
    ヨハネスブルグ空港攻略
09:55 ヨハネスブルグ発 South African SA323(2h10m)
12:05 ケープタウン
13:00 チェックイン
午後  プラン:V&Aウォーターフロント
        Pick n Payでお買い物
    ディナー@BAIA
The Table Bay Hotel
4 朝   ホテルにて朝食後、自由行動
    プラン:朝の散歩
    プラン:テーブルマウンテン登山リベンジ
午後  プラン:ロングストリート
The Table Bay Hotel
5 朝   ホテルにて朝食後、チェックアウト
10:50 ケープタウンSouth African SA8657(2h20m)
13:10 ホエドスプルート(HDS)着
14:00 チェックイン
午後  イブニングサファリ(Manyeleti GR
夜   ボマディナー
AM Lodge
6 早朝  モーニングサファリ(Manyeleti GR
朝   ロッジにて朝食後、自由行動
午後  ランチ
    イブニングサファリ(AM Reserve
夜   ディナー
AM Lodge
7 早朝  モーニングサファリ(Manyeleti GR
朝   ロッジにて朝食後、自由行動
午後  スパ&ジム
    星空観察
夜   プライベートディナー@部屋
AM Lodge
8 早朝  モーニングサファリ(AM Reserve
朝   ロッジにて朝食後、パッキング
昼   ホテルチェックアウト
13:55 ホエドスプルート発 South African SA1228(1h05m)
15:00 ヨハネスブルグ
午後  ペリペリチキン@Nando’s
21:45 ヨハネスブルグ発 Egypt Air MS840(7h50m)
機内泊
9 05:35 カイロ着
午前  ミッション:Transfer T3 to T2
    ラウンジ@T2
11:35 カイロ発 Egypt Air MS751(3h20m)
14:55 ブダペスト
夕方  ホテルチェックイン後
夜   Bagolyvarでフォアグラディナー
Corinthia Hotel Budapest
10 朝   ホテルにて朝食後、自由行動
    プラン:郊外ツアー 〜エステルゴム、センテンドレ〜
夜   プラン:ヴァーツィ通り
    Pesti Disznoでピッグナックル
Corinthia Hotel Budapest
11 朝   ホテルにて朝食後、自由行動
    プラン:ブダの丘
夜   プラン:ドナウ川
    Menzaで今回最後のフォアグラディナー
Corinthia Hotel Budapest
12 朝   ホテルにて朝食後、パッキング
11:40 ブダペスト発 レイルジェットRJ64(2h41m)
14:21 ウィーン着
午後  ホテルチェックイン後
夕方  プラフッタでターフェルシュピッツ
    プラン:いつもの観光・買い出し
Grand Hotel Wien
13 朝   ホテルにて朝食後、自由行動
午後  プラン:いつもの観光・買い出し
14:00 空港へ
    ラウンジでまったり
17:45 ウィーン発 Austrian OS51(11h10m)
機内泊
14 11:55 成田着
15:00 帰宅

予算 

交通 区間 数量 単価(Cash) 単価(Mile) Value
ANA Tokyo(HND) -> Singapore(SIN) -> Hong Kong(HKG) -> Johannesburg(JNB)
Johannesburg(JNB) -> Cairo(CAI) -> Budapest(BUD)
Vienna(VIE) -> Tokyo(NRT)
2 56,120 110,000  442,240
South African Airlines Johannesburg(JNB) -> Capetown(CPT)
Capetown(CPT) -> Hoedspruit(HDS)
Hoedspruit(HDS) -> Johannesburg(JNB)
2 54,000   108,000
Railjet Budapest -> Vienna 2 2,500   5,000
  Subtotal   225,240 330,000 555,240
都市 ホテル 宿泊数 単価(Cash) 単価(Point) Value
Cape Town The Table Bay Hotel : Mountain View Room 2 29,000   58,000
Greater Kruger AM Lodge : Superior Suite 3 105,000   315,000
Budapest Corinthia Hotel Budapest : Junior Suite 3 34,200   102,600
Vienna Grand Hotel Wien : Deluxe Room 1 32,500   32,500
  Subtotal   508,100   508,100
  Total   733,340 330,000 1,063,340

※ ANAマイル : 1マイル = 1.5円換算
※ 為替 : USDJPY 110、EURJPY 125、SGDJPY 80、HKDJPY 14.0、
       ZARJPY 7.7、HUFJPY 0.40

計画時のポイント

ANAマイルの失効開始を見据え、旅行日のほぼ1年前の2018年6月に2人分220,000マイルを投入してアジア → 南アフリカ → ヨーロッパ周遊のビジネスクラスチケットを手配しました。マイル発券・スタアラ特典を駆使して、せっかくの機会なので5つの航空会社(ANAシンガポール航空南アフリカ航空エジプト航空オーストリア航空)の乗り比べ、2016年に行って良かったけど遠くてなかなか行けないアフリカ南部に再び向かうことにしました。別に発券した南アフリカ内のフライト3便と合わせて全9便、単一旅程でのオーバーナイトフライトは過去最多の4便、単一旅程で過去最長、地球0.98周にあたる39,500kmの大旅程となりました。

15年ぶりのシンガポールは、カヤトースト、肉骨茶(バクテー)などのB級グルメマーライオン周辺を半日で楽しむ予定です。本当は18時発の便でもうちょっと滞在したかったのですが、ANA特典航空券で乗れるシンガポール航空の機材には制限があり15時発の便にせざるを得ませんでした。

5泊6日のアフリカ南部は、お気に入りになったケープタウン再訪と、サファリはグレータークルーガーで3泊、宿泊施設はメジャーなサファリよりも滞在環境優先でマイナーロッジを選択しました、吉と出るか凶と出るか、、、

4泊5日の中欧は、以前短かすぎて悔やまれたブダペストに3泊とこれまたお気に入りで最終フライトの出発地である4度目のウィーンに1泊、大自然の後に文化的な観光を楽しみます。

1年前にこの旅程を取ってから、1度ウィーンからの帰国フライトがなくなり1日延長(もしくは経路変更)になりかけましたが最終的に元に戻りました。1年の間に変わったのはシンガポール航空シンガポール → 香港の機材がAirbus 330から最新のBoeing787-Xに変わるというウェルカムな変更と、カイロ → ブダペスト行きのEgypt Airがターミナル2出発になり、カイロトランジットでターミナル間移動が必要となりました。エジプト航空同士ですので何らかフォローがあるものと思っていますが、悪評高いカイロですから最悪トランジットのために入国が必要になりVISA代(25USD)取られるかもしれません、さあどうなるか、乞うご期待です。

総括

14日間の大旅程、ブログ記事としても68エントリー、4ヶ月にわたる大長編になりました。アジアからアフリカ、ヨーロッパと完全に文化が違うところを回り、雰囲気も変わるので飽きることなく楽しめました。ブダペストでロスバゲは食らいましたがそれ以外大きな事件もなく、まあ細菌感染はそこそこ大きいか、、、リワードという利点を生かし、有償ではなかなかできないスタアラ5社のビジネスクラス乗り比べも特徴的でした。過去の旅行の中でもかなりExtremeな部類に入るかと思います。また、実現できるようマイルをコツコツ貯めようと思います。

関連記事

1回目の南部アフリカサファリ