Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

ヨハネスブルグ空港完全ガイド【前編】〜乗り継ぎ方法・ランドサイド各種店舗情報〜

f:id:vtzr:20190602080430j:plain

ヨハネスブルグ空港はアフリカ南部最大のハブ空港で、南アフリカのみならず、ジンバブエのビクトリアフォールズやナミビアのウィントフットなど周辺の観光都市に訪れる際にも起点となる空港です。一方で、親切な空港関係者のようなフリをして案内後にチップを要求するなど(予め合意の上であれば問題ないことですが)騙すような強引なアプローチがトラブルになっているケースが多く見受けられます。その程度であれば凶悪な事件につながることはないとは思いますが、回避できるに越したことはないかと思います。乗り継ぎ方法とともに空港内各所のお店、ラウンジを紹介します。

国際線到着エリアのミーティングポイントを2階(Level1)より見下ろしたところです。国際線到着の方はほとんどの場合ここを通ることになり、先の案内しようか的な勧誘もここで捕まることが多いです。ヨハネスブルグが目的地の方は、ツアーの方ははぐれないように気をつけて、個人の方はルートを確認、準備してお通りください。乗り継ぎの方は、ここを通らないルートがありますのでそちらを推奨します。

乗り継ぎパターン

ヨハネスブルグ空港は荷物のスルーチェックインは、国際線 → 国内線は100%不可、国内線 → 国際線は一部可能なようですが、人の移動は制限エリア内で行うことができず一旦ランドサイドに出ることになります。国際線 → 国際線も中で行けるかどうか不明です。

国際線からの乗り継ぎ

到着後バゲージクレームを過ぎるとこの空間に出てきます。左奥は、国内線へのリチェックイン用のブースがあります。私たちも今回ここで再び国内線のチェックインと荷物の預け入れを行いました。対応していない航空会社の場合はターミナルBのチェックインブースで行う必要があります。

f:id:vtzr:20190602075810j:plain

で、ここから右に進むと、トップの丸い吹き抜けのところに出てしまいピラニアの餌食になります。↓ 吹き抜け方面への出口

f:id:vtzr:20190602080153j:plain

先ほどの場所で左手を向くと上層Level 1に向かう(このフロアはLevel 0)エスカレーターがあります。国内線・国際線にかかわらず乗り継ぎの場合は、こちらに進むとその確率を削減することが可能です。

f:id:vtzr:20190602080255j:plain

このエスカレーターを登るとトップページの吹き抜けを見下ろす場所に行き着きます。

f:id:vtzr:20190602080257j:plain

ここから国内線、国際線への乗り継ぎは以下のルートです。国際線は、航空会社によりチェックインカウターがターミナルA、ターミナルBかでそれぞれルートが異なりますので、あらかじめ調べておくといいでしょう。チェックイン開始まで時間がある方は、ショピング・レストランエリアが意外と充実していますのでそこで時間が潰せます。

f:id:vtzr:20190623213009j:plain

国際線 → 国内線

先ほどのマップで吹き抜けを半周まわってその後エスカレーターを上ります。

f:id:vtzr:20190607180634j:plain

上ったところにチェックインカウンターが並んでいますので、ここでチェックインします。Level 0でリチェックインした場合は、直接セキュリティーチェックに向かいます。制限エリアに入れば後は安泰です。

f:id:vtzr:20190623213311j:plain

国際線 → 国際線

同一旅程での発券の場合はもしかしたら制限エリア内で乗り換えできるかもしれませんが、一度入国して、チェックイン、荷物の預け入れが必要な場合は、国内線 → 国際線と同じ流れでLevel1に上がります。国際線のチェックインカウンターは航空会社によりターミナルA、ターミナルBで分かれます。

ターミナルBの場合は、国際線 → 国内線の流れで、エスカレータでLevel2まで上がります。そこでチェックイン、預け入れ荷物の手続きを行った後、再びLevel1に降りてターミナルAにある国際線の出国審査に向かいます。

f:id:vtzr:20190623214126j:plain

ターミナルAの場合は、国際線 → 国内線の流れでLevel1に上がった後、ターミナルAのチェックインカウンターに向かいます。その後、チェックインカウンター脇を通りターミナルAの人用の出国審査へ向かいます。チェックイン後にターミナルBのレストランやショップに行くことも可能かと思いますがやったことはありませんので確証はありません。3年前にファストジェットをここでチェックインした際には素直にこの流れのまま出国手続きに進みました。

f:id:vtzr:20190623214150j:plain

国内線 → 国際線

荷物をピックアップしてターミナルB Level 0のランドサイドに出るので、国際線 → 国際線の時と同様、ターミナルAの場合はLevel1、ターミナルBの場合はLevel2に上がります。それぞれチェックインカウンターで手続きした後、出国審査に向かいます。

ランドサイド

私たちは、今回の南アフリカ出国時、ホエドスプルート(クルーガー近郊) → ヨハネスブルグ → カイロ → ブダペストのルートになりますが、ホエドスプルートで荷物のスルーチェックインできなかった際には、ここでエジプト航空のチェックインが始まるまでの3時間、時間つぶしが必要になります。ターミナルB Level1(チェックインカウンターの下の階)にあるショッピングエリア&レストランエリアをは意外と充実しており、何気に平和で時間を潰すのに十分な施設となっています。荷物を持っていても安全に過ごせることがわかりましたので同様の方は参考にしてください。

f:id:vtzr:20190623214722j:plain

ショッピングストリート

通りの両サイドにファッションやキオスクや花屋、電気屋など色々なお店があります。旅行者がほとんどで皆さん大きな荷物を持っていますので、預け入れ荷物を持っていても目立つことなく買い物できます。荷物からは目は離さないようにご注意ください。

f:id:vtzr:20190602080608j:plain

スーパーマーケットWOOLWORTHS

オーストラリア系の食料品&衣料のスーパーマーケットWOOLWORTHSも入っています。お酒や食べ物は大きめのコンビニレベルです。私たちはお土産用のアマルーラ(AMARULA)の50mlの小瓶を探していましたが残念ながらありませんでした(結果的にヨハネスブルグ空港では見つかりませんでした)。

f:id:vtzr:20190607153034j:plain

ビルトンバー

特徴的なお店としては、南アフリカの名産である干し肉(ビルトン)を売っているお店がありました。上から吊るされている黒いのがビルトンです。

f:id:vtzr:20190607152100j:plain

フードコート

通路にはメニューを持って勧誘の店員さんが立っており積極的に勧誘がありますが害はありません。利用者は、現地の方と思われる方が多いですが、飛行機に乗るレベルの方はある程度のレベルですので問題ありません。

f:id:vtzr:20190602080739j:plain

Nando's ペリペリチキンのチェーン店

下調べの段階でランドサイドで時間つぶしが必要になった時の最有力候補としていたのがこのNando'sです。Nando'sは南アフリカ名物ペリペリチキンのチェーン店で、試してみたいと思っているB級グルメであり一石二鳥です。この座席配置であれば、大きなスーツケースを持っていても安全に過ごせそうということを往路ヨハネスブルグケープタウンで乗り継ぎした際に事前に下見して確認しておきました。

f:id:vtzr:20190602080903j:plain

結果、スルーチェックインできず、出国時にここで3時間(スーパーを覗いたりしてましたので、実際には2時間くらいかな)過ごすことになりました。その時の記事は別途ご紹介します。

 

Nando'sの奥には、より入り口がしっかりしたカフェレストランがあり、女性一人旅などよりセキュアーな環境が望ましい場合はそちらが有効かと思います。

長くなりましたので後編に続く、、、

関連記事

旅行記トップ