Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

南アフリカのサファリプランニングは動物探し以上に一苦労

f:id:vtzr:20160629083220j:plain

日光の文化遺産に疲れたので自然系を、、、

2018年6月に1年先の2019年6月の特典航空券を発券してその後アップデートしておりませんでしたが忘れていたわけではなく少しづついろいろと検討を進めていました。前半アフリカ滞在5泊の旅程を決めましたので、今回、次回でプランニングをご紹介します。

(その後は2017年の旧東欧?中欧?系の文化遺産巡り旅行記を予定しています。)

サファリって?

日光を見に行かれる方であれば、東照宮でおそらく「三猿」とか「想像の象」とか「眠り猫」などを見学される動物好きの方と思いますが、サファリとは、簡単に言うと窓や屋根のないオフロードの車や船で、足跡や鳴き声などの情報を元に(ほぼ)野生にいる「ヒヒ」とか「アフリカ象」とか「眠りライオン」などを見に行く活動です、まあ東照宮見学のワイルド版です。

サファリは2016年に人生最初で最後かもしれないと南部アフリカに向かったのですが人類発祥の地がDNAに刻まれているのか、広い大地に感動し、今回マイルの期限ということで行き先を探った結果、再びサファリということになりました。

発券の経緯はこちら

サファリ手配のアプローチ

サファリのプランニングで一番の課題はロジスティクス(移動手段)です。サファリという特性上、本格的になればなるほど僻地になり、究極的にはセスナでキャンプ近くの未舗装の飛行場(はらっぱ?)に下り立つというアプローチになります。で、そういうとこは、物流も貧弱でセスナ代などのコストがかかり、アコモデーション(宿)代もめちゃ高です。まだまだにわかファンの私たちたちはそこまで本格的な環境は必要ないですが、それでもヨーロッパやアジアのように公共交通機関やタクシーで自由に動ける環境にはなりえません。こうした環境ではレンタカーは非常に有効な手段なのですが、私(旦那)は自動車の免許を持っておらず(二輪車のみ)、私(嫁)は持っているものの完全なペーパードライバーということで残念ながら私たちは使えません。となると手配は以下の2パターンになります。

  • 現地発のパッケージツアーを活用する
    こちらのメリットは、個別で手配するのに比べお手軽であること、また、宿泊地を転々ながらアフリカ南部の野生動物の聖地であるクルーガー国立公園を縦断したり、複数のゲームリザーブ(GR)に滞在するといったツアーならではの面白い旅程もあるのが特徴です。その反面、アコモデーション(宿)の品質がよく分からなかったり当然手配料が入るので割高になりがちというデメリットがあります。
  • それでも個人手配 : アコモデーションロジスティクスを個別に手配する
    ロジスティクス手配の難易度が半端なく高く、ネットでの情報もかなり限定的なため宿やツアー会社などにメール等で問合せが必要です。そんな状況ですので、組み立てられるGRは限られ、ツアーにあるようなクルーガー内で拠点を点々とするといった旅程を組むのも困難です。メリットは、宿はツアーよりも細かく指定できる点と価格をコントロールしやすい点です。

プランニング

当初は現地パッケージツアーで探していたのですが、最終的には個別手配になりました。ツアーはWebサイトでリストプライスを見て問い合わせてもその金額で出てこないというのがアフリカっぽいというかやりにくいところですね(その点、日本の旅行代理店のツアーは明瞭会計で素晴らしいです)。情報が一番充実していたここのツアーを2つ問い合わせましたが両方とも自分で手配できそうなアレンジの割に高く、いやいや提示されてる価格より高いじゃないかと言ったら別のプランが出てきました。謎に包まれていたラグジュアリーキャンプ(Luxury Camp)という分類のものでしたが見た感じ全然ラグジュアリーじゃない( ↓ )。宿指定で自身で判断できない限りツアー会社が言うラグジュアリーは当てにしない方が良さそうです。

f:id:vtzr:20190209174416p:plain

ツアーはストイックな動物探しファン向けプランが多いため、サファリ(動物探し)自体への重み付けが大きく、宿などは休憩する程度で重視していないのかもしれません。そういった配分の中であれば上記も十分ラグジュアリーなのかもしれませんが、私たちはあくまで「にわか」でそこまで動物探しに全力投球しないので、もうちょっとまったりと快適な環境へ割り振りたいところです。日本人基準「るるぶ」に載ってる位のラグジュアリーさは欲しいと、、、あれ何気に超一流で超高いとこばかりなのですが。

サファリ方面別プラン

上記地図は、調べたゲームリザーブ(緑:クルーガー国立公園&グレータークルーガーのGR、青:その他のGR)とロッジ(紫)、主要都市(茶)の位置関係を示したものです。その中で最終的に見積りまで検討をしたのは以下の2か所です。

Nambiti Private GR(ナンビティ プライベート ゲームリザーブ

このNambiti Private GRは、特にビッグ5(ライオン・ヒョウ・象・サイ・バッファローの5種、バッファローよりキリンでは?とか、チーターは?とかにわかファンは思いますが)をカバーしているGRの中でアコモデーションと価格のバランスがなかなか良さそうです。ただ、ここは場所がExtremely不便です。近くに空港はなく車で向かうことになりますが、ヨハネスブルグから4時間、ダーバンから3時間かかります。ちなみにロッジに送迎を問い合わせたところ、ヨハネスブルグからの片道でR4950(40,000円、ということは往復で80,000円)とのことでした(地図上の青のライン)。ヨハネスブルグ <-> ダーバンのフライトは便数豊富、値段も往復で10,000円程度ですのでダーバンから向かうのも有効かと思います。クルーガー国立公園方面(緑のライン)もフライトで往復30,000円程度(二人分だと倍)かかりますので、宿泊費が安い分トータルではこちらの方がだいぶ安く済みます。レンタカーを使える方であれば更に安く抑えられるでしょう、羨ましい〜。GRの中にアコモデーションは10施設程度ありますが、好みなのはNambiti Hillsというロッジです。宿泊費は普通の部屋で1室2名オールインクルーシブで45,000円程度、一番大きなハネムーンスイートでも60,000円程度です。宿代と考えると高いですが、食事、アクティビティ込みですから、これ以上のキャッシュアウトがないということを考えるとリーズナブルです。ここは食事が朝晩の2回なので3食食べないと気が済まない人はその点気にになるかもしれませんが、代わりに午後早めにアフタヌーンティーがあるのと、夕方のサファリ中にサンダウナーという軽食&お酒で日暮れを楽しむコーナーがありますのでひもじい思いをすることはないかと思います。最悪、追加料金を払えばアラカルトで頼めます。オールインクルーシブには以下が含まれています。

  • 食事 : 2食(ブランチ、ディナー)、アフタヌーンティー
  • 飲み物 : コーヒー紅茶、朝食時フレッシュフルーツジュース
  • アクティビティ : 2サファリ

Nambiti Hills | Private Game Experience

ネムーンスイートのリビングエリア(公式ページより)。ハネムーンとついていますが別にハネムーンじゃなくても泊まれます。サファリ滞在は、出ずっぱりの観光地でのホテル滞在とは違うので部屋でうだうだする機会も多くリビングエリアがしっかりしていると過ごしやすいと思います。

f:id:vtzr:20190209134858p:plain

メインロッジのデッキはこんな感じです(公式ページより)。6月は南半球では初冬なので日が落ちると一気に寒くなるでしょうがこの非日常感は抜群です、、、行ってみたい、、、

f:id:vtzr:20190209150414p:plain

グレータークルーガー

日本から南アフリカに向かう場合、ほとんどの場合ヨハネスブルグ発着になり、サファリ本場のクルーガー国立公園(とその周辺のグレータークルーガー、地図中の黄緑のプロット)との距離は450km程度離れています。この距離は、東京から仙台、名古屋あたりより若干遠いという距離感なのですが、比較的安めのツアーはこの距離を陸路で移動します。所要時間は7時間できつそうですが、このシャトルだけの手配も例えばこことかで可能です。

f:id:vtzr:20190209123514p:plain
クルーガー北部のホエドスプルート行きシャトルは、1日2便、6:45発と11:00発があるようですが、日本から向かうのに一般的な香港からの南アフリカ航空便は朝7:00着ということで6:45発のバスには間に合いません、11:00発だとサファリ到着が18:00位になり初日夕方のゲームドライブに間に合いません。料金自体はR895(7,200円)とリーズナブルなのですがちょっとうまくつながらず残念です。ということで飛行機で向かうのが現実的ですが、この路線(地図上緑のライン)、リッチな観光客向け路線で往復30,000円程度となかなか高いです。加えてJNB -> HDSのフライトは1時間程度なのですがサファリのチェックインは大体14:00ということで空港待機時間が多めになるのも気になります。折角なら?到着初日は時間調整も兼ねて1日ヨハネスブルグに滞在するという手もありますが、世界最恐といわれるヨハネスブルグ、怖い話がいっぱいあるので迷いますね。調べるとポンテタワーに潜入するこんなツアーもありちょっと惹かれましたがアフリカではアジア人が一番目立つので・・・

クルーガーへの航空券は単純往復でもそこそこ高いのでどこか別の都市を含めて飛ぶプランをいろいろと考えました。パズルを解いている中で、ケープタウンで2泊後にクルーガー3泊とするとなかなかいい感じになりました。

  • 初日:JNBに朝7:00について10:00発の便でケープタウンに向かえば、その日の午後半日ケープタウン観光できます。
  • 2日目:終日観光
  • 3日目:翌朝朝食を食べた後11:00発の便でクルーガー(HDS)へ。HDS着が13:00過ぎでチェックイン開始の14:00前後にロッジに到着

工程に無理がなく無駄もなく綺麗に繋がります。クルーガーからヨハネスブルグへの戻りはクルーガー14:00発でヨハネスブルグに15:00に着いてしまうので、カイロに向けて21:00発までトランジットで6時間と長めになってしまいます。ただ、長距離フライト乗り遅れは致命的ですので余裕を持っておくべきでしょう、ラウンジでまったりして過ごします。ヨハネスブルグの町に立ち入ることも回避しつつ、ケープタウン滞在がそれなりに無理がないトータルでバランスの良いスケジュールと言えます。航空券は、ヨハネスブルグJNB) -> ケープタウン(CPT) -> クルーガー(HDS)-> ヨハネスブルグJNB)で55,000円(地図中、緑のライン)、若干高いですが、再びお気に入りのケープタウンに行けますし、距離の短い緑ライン単純往復に30,000円払うよりはまだ納得感があります。

AM Lodge@グレータークルーガー

グレータークルーガーのアコモデーションは結局空港(HDS)から15分ほどのところにあるAM Lodgeというところにしました。決定打はハードが圧倒的によさそうなのとネックだった「空港送迎」もオールインクルーシブに含まれていることです、そこにウインターシーズンレートが出され相場に比べて安価という好条件が追加されました。

AM Lodgeのウインターシーズンレートは2名1室で、テラス込み250m²の超広いスーペリアスイートが、ラックレート170,000円のところ100,000円です(2019年シーズン)。スタンダードスイート(と言ってもテラス込み150m²)は同100,000円が60,000円です。最初はスタンダードをラックレートで抑えていたのですが、2019年に入りウインターシーズンレートが出たのでスーペリアスイートを取り直しました (^o^)/

オールインクルーシブには以下が含まれています。

  • 食事 : 朝食、ランチ and/or アフタヌーンティー、ディナー
  • 飲み物 : ローカルビール、ハウスワイン、ソフトドリンク、水、コーヒー/紅茶
  • アクティビティ : 2サファリ、ウォーキングサファリ、星空観察
  • ランドリーサービス
  • スパ : ジムアクセス、スパクーポン(R500/人、4,000円)
  • 空港送迎

このロッジのネックは、メジャー所のNP、GRに立地していない(はず)のでサファリをどこでやるのか謎なところです、情報源によりどこでサファリするのかばらつきがあります。

  • こちらでは、Klaserie NRに所属とある
  • こちらでは、日に2回AM Reserve、1回 Manyeleti GRも選択できると言っている
  • このツアー ↓ ではModitlo GRでやるといっている

    f:id:vtzr:20190209131323p:plain

ただまあグレータークルーガー立地なのは間違いなく、レビューを見る限り1日でビッグ5制覇とかの記載もありますので必要最低限のレベルはクリアしてるんじゃないかと。逆にこのレベルのハードは他になかなかなく、若干斜めにアプローチする私たちに合ってるとも思います。サファリで動物は見れなくてもリゾートとしての滞在と考えても十分満足できるんじゃないかと思えるレベルです。

結局サファリが主目的だったはずなのにサファリ自体のプライオリティを下げてしまった、、、果たしてどうなるのかご期待です。スーペリアスイートの2つのロッジのうち1つはこんな感じで、指定しておきました(公式ページより)。

f:id:vtzr:20190209143215j:plain

AM Lodge | Award Winning Luxury Safari Lodge | South Africa

(旅行後追記)

素晴らしく良かったです、また行きたい・・・

ケープタウン

2泊するケープタウンでは、前回私(旦那)の体調不良でテーブルマウンテン登山を断念していますのでそちらリベンジを予定しています。ただ、ケープタウンだけ気候区分が異なり6月は雨季ですので天候次第になります。前回も当初予定していた日は雨で予備日に(ロープウェイで)登りましたが、今回は予備日はありませんので雨だったらウォーターフロントでうだうだしとくか、ロベン島にでも行くか、ロングストリート観光です。ケープタウンは洗練されているのに物価が安くシーフードが格安です、食事は天気によらず楽しめますのでそこは確定です。宿は一先ず便利なウォーターフロントのテーブルベイホテル(青色の屋根の建物)を押さえています。

f:id:vtzr:20180825143023j:plain

2016年6月のテーブルマウンテン登山は、登り始めて5分、薬のせいか目が回る (*_*)、断念しました。今度こそ!

f:id:vtzr:20180826113900j:plain

まとめ

ヨハネスブルグ行きの特典航空券を取ってから7ヶ月、ようやくアフリカでの滞在5日間の旅程が決まりました。当初はサファリ三昧の予定でしたが、結果的にケープタウン再訪2泊、サファリはグレータークルーガーで3泊、しかもロッジの快適性優先で当初目的であった動物は何が見れるかよく分からないという形になりました。ただ、グレータークルーガーの立地ですし、なんとかなるでしょう。ダメだったらまた南アフリカに行けばいいし!ということでひとまず決定です。

関連記事

旅行記トップ

2016年のチョベでのサファリ

テーブルマウンテン登山@2016年6月 

ウォーターフロントとテーブルベイホテル@2016年6月