Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Royal Maxim Palace Kempinski Cario(ロイヤルマキシムパレス ケンピンスキー カイロ) : 部屋 Palace Suite

9時頃ホテルに到着し、アーリーチェックインで案内された部屋は、超~広い部屋でした。具体的にどのカテゴリーの部屋なのかこちらから聞くのも野暮ですので確認できていませんが、おそらくPalace Suiteかと思います。広さ的にはおそらく100m2を超えていると思います。

部屋

日本的に言うと1LDK、海外風に言うと1BRの間取りです。

リビング

30畳くらいはあるでしょうか。半円系の形状で窓も5カ所非常に明るい部屋でした。普通サイズのソファセット、ダイニングセット、ワーキングデスクが配置されていますが、それ以上に部屋が広すぎて若干殺風景なくらいです。

f:id:vtzr:20180916094808j:plain

リビングスぺースは導線から遠い(入り口からもベッドルームからもどこからも遠い)&隅っこすぎて多少圧迫感があるので、滞在中は珍しくダイニングが居場所でした。

f:id:vtzr:20180916094659j:plain

眺めは、ホテルの外側に面しています。新興開発地域ということで、まだ開発中?の区画に面しており殺風景な感じです。ホテルとしては中庭のプール向きがより高いカテゴリとなっている理由が分かりました。

f:id:vtzr:20180916100348j:plain

ベッドルーム

オーソドックスなベッドルームです。ベッドと1人掛けのチェアが2つとセンターテーブル。

f:id:vtzr:20180916095130j:plain

こちらは中庭のプールに面しており雰囲気がいいです。人工的でちょっと小さなドバイのような印象です。

f:id:vtzr:20180916203530j:plain

廊下

リビングルームからL字型の廊下にてベッドルームにつながっています。その廊下には、独立したトイレと、水回り(洗面、バス、シャワー、トイレ)への入り口、収納スペースになっていますが、100m2以上の専有面積があるにもかかわらずスーツケースを広げて置けるスペースがありません。この辺、もともと長期滞在を意識したレイアウトになっていないとも言えます。

f:id:vtzr:20180916094817j:plain

水回り

バスタブと独立にシャワーブースもあり、シンクもダブルシンクで広さもあります。ドライヤーを使いたいのにコンセントがないとか、やっぱりちょっと気が利かないところがあります。

f:id:vtzr:20180916095020j:plain

トイレには、手動ウォシュレット付き。

f:id:vtzr:20180916094948j:plain

バスタブは試していませんがジャグジー付き、床壁は一応大理石で作られておりゴージャスですが、水栓の水切れが悪かったり、ガラス戸が干渉しており閉まる時に大きな音がしたり、微妙に精度が気になる建て付けでした。

f:id:vtzr:20180916095009j:plain

あと、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディーローションのアメニティセットが3箇所にありましたが、

f:id:vtzr:20180916100207j:plain

1箇所だけシャワージェルが2つになっていたり… (*^-^*)

f:id:vtzr:20180916114229j:plain

ウエルカムギフト

チェックインの際に、フレッシュフルーツ、ドライフルーツ、ローカルペストリーからどれがいいか聞かれ、ローカルペストリーを選択しました。

フレッシュフルーツはもともと部屋にありましたので結果オーライでした。このローカルペストリー、夕方のBab Al Qasrレストランのメニューにありました。おそらく、そこで作ったものでしょう。

f:id:vtzr:20180916133606j:plain

まとめ

すごいアップグレードしていただいてこういうこと言うのもなんなんですが、部屋は非常に広いのですが、正直あまり快適に感じなかったです。スーツケース広げる場所や、必要なとこにコンセントがないとか、動線や滞在者がどこで何するかという点があまり考慮されていないというのが一番の理由でしょうか。

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ