Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Turkish Airlines(ターキッシュ航空)TK690(イスタンブール → カイロ)ビジネスクラス搭乗記

バンコクからのTK65で4:00にイスタンブール空港に着きトランジット、TK690便は、6:25発で7:40にカイロに到着します。時差が1時間ありますので、フライト時間は、2:15の短距離フライトです。

機材

Airbus 321 シート

多くのヨーロッパの航空会社では、ナローボディー機(通路が1本の小さい機材)は、エコノミーの3席の真ん中をテーブルにしただけのなんちゃってビジネスクラスですが、こちらの機材では、そこそこ大きめのシートが2-2で配置されていました。ターキッシュ航空にもなんちゃってビジネスクラスの機材もあるようですので運次第です。ただ、2-2のシートの場合でも、長距離のワイドボディ機に比べると圧倒的にしょぼく、手動のリクライニング、シートピッチもおそらく1mはないので、大差はないとも言えます。ただ短距離ですのでそこまで快適性を求める部分でもないかと思います。

f:id:vtzr:20180916070348j:plain

機内食:朝食

2時間ちょっとのフライトでも機内食が提供されます。さすがにコースではないですが、1プレートまで簡略化されたものでもなく、メインが別に提供されるそこそこしっかりしたものです。

まずは、共通の前菜が出てきます。トルコのチーズ、フルーツサラダ、ドライトマトとヨーグルト、オリーブ。地中海な感じです。

f:id:vtzr:20180916064737j:plain

頃合いを見計らいメインがワゴンでやってきます。特に今回、言葉ではイメージが湧かないご当地系だったからか、アルミホイルを外して実物を見せてくれました。実物を見て選択できるのはありがたかったです。

メイン1:伝統的な黒海地方のオムレツ

地味ですが美味しい~。ネギみたいな野菜が入っており韓国のチヂミのような雰囲気です。乗り継ぎ前のフライトからずーと食べていますのでお腹は減っていませんでしたが、おいしくて食べてしまいました。

f:id:vtzr:20180916070322j:plain

メイン2:スクランブルエッグとトルコ風のチーズペストリー

トルコではチーズも美味しいそうでチーズ好きにはたまりません。(ハイカロリーですが…)こちらの左手前の三角キッシュのようなものがチーズのペストリーです。最初の1~2口くらいはチーズが香ばしさもあり美味しいのですが、朝食としてはちょっとヘビーかも知れません。オムレツと、固めのチーズオムレツと、温野菜のプレート、という感じです。

f:id:vtzr:20180916070332j:plain

何よりこのフライトで良かったのは、トルコのご当地パンであるSimit(シミット)の提供があったこと、Simitは簡単に言うとドーナッツ型をした固め&若干もっちりした片面に胡麻が塗されたパンです。私たち2人とも今回の旅行ではじめて食べましたが、非常に香ばしくお気に入りになってしまいました(このカイロの後、イスタンブールでは毎朝食べていました (^^)/ )。逆にこのSimit、なぜかバンコクイスタンブールイスタンブール → 東京の長距離フライトでは提供されていませんでした。イスタンブールのCIPラウンジにはありましたので興味のある方はそちらでどうぞ(イスタンブールの空港移転につきアタチュルクは2018年10月末で移転でしたね… 新しい空港でもあるかな…)

f:id:vtzr:20180916065317j:plain

ハチの巣ごとのはちみつも提供されました。日本でよく出くわすはちみつは、(花によるとは思いますが)結構強い甘みがガツンと若干後味にエグミを感じるものが多いのですが、トルコのはちみつはその辺が穏やかな印象を受けました。全体的にTurkish Traditionalな料理が満載でトルコ感を感じられるフライトでした。

f:id:vtzr:20180919093126j:plain

まとめ

機材はナローボディなのでそれなりです。とはいえ、プレミアムエコノミーレベルの座席、空間はありますので窮屈な感じはしません。特筆すべきは、さすがミールに定評のあるターキッシュ、2時間強のフライトにもかかわらずサービスもしっかりしたおいしい食事が期待以上でした。非常に満足のフライトでした。

関連記事

旅行記トップ