Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Anantara Siam Bangkok(アナンタラ サイアム バンコク) : カサララウンジ

f:id:vtzr:20180913164537j:plain

カサララウンジ

最近では多くのホテルで、無料の軽食やドリンクサービスなどが提供されるラウンジサービスがあります。一般的には、クラブラウンジ、エグゼクティブラウンジなどと呼ばれますが、アナンタラではカサララウンジという名称で提供されています。アナンタラサイアムでは、Deluxe Kasara Roomと各種スイート(Junior Suite含む)のカテゴリで利用可能です。カサララウンジでは、朝食、日中帯のドリンクサービス、夕方の軽食・アルコールサービス(イブニングカクテル)が提供されており、うまく活用できれば価値は高いです。

今回の私たちの滞在は、以前記事で記載しましたがロビーでのアフタヌーンティーが付いており、また夕食もディナークルーズなども予定していたため、ラウンジアクセスなしでも構わないだろうということでコストとの兼ね合いでPremior Roomを予約していました。幸いにもJunior Suiteにアップグレード頂きましたのでアクセス可能になりました。

アフタヌーンティーの詳細はこちら

インテリア

重厚かつ落ち着いた感じでリラックスできる空間です。

f:id:vtzr:20180914132049j:plain

大型のホテルではカクテルサービス時に座る場所がなかったり、落ち着かないケースも多々ありますが、ここは多くても10人程度で快適に過ごせました。

サービス

カサララウンジでは以下のサービスが提供されています。

チェックイン・チェックアウト

ラウンジでソファーに座って飲み物をもらいながらチェックイン、チェックアウトサービスを受けられます。今回は出発フライトが21時台だったため、18時までのレイトチェックアウトをお願いし、イブニングカクテルの時間帯にチェックアウトしました。その際も「チェックアウト後も好きなだけいていいよ」ということで、軽く飲み食いしつつ、ゆっくりさせていただきました。

朝食

初日は品数豊富な1階のレストランで頂きましたが、結構賑やかでしたので2日目は品数限定ではありますが落ち着いたこちらのラウンジで朝食を頂きました。ビュッフェの他にいくつかオーダーメニューがあります。ポーチドエッグを一つ注文してシェアしました。

f:id:vtzr:20180915073950j:plain

ビュッフェは、ウエスタンスタイル+ほんの少しアジアンです。自家製ジャムが数種類ありました、はちみつもハチの巣まるごとのサーブでした。

f:id:vtzr:20180915073144j:plain

フルーツ類と奥はシリアル、ナッツ類。

f:id:vtzr:20180915073217j:plain

ホットミール類はオーソドックスなラインナップです。

f:id:vtzr:20180915073251j:plain

加えてチャーハン、ライス、タイカレーなどのアジアンもちょこっとあります。

f:id:vtzr:20180915073242j:plain

日中帯のドリンクサービス

たまたまアサインされた部屋がラウンジと同じ階で、外へのアクセスの際にラウンジの前を通る形でしたので、ふらっと立ち寄るケースが多かったです。ドリンクはソフトドリンク含めてオーダー形式、小菓子と一緒に提供されます。

f:id:vtzr:20180914132652j:plain

イブニングカクテル

初日は本当は外に食べに行く予定でしたが、アフタヌーンティーでお腹いっぱいになってしまったのと夕方からスコールだった(結構ずっと降っていた)ため、こちらでちょこっといただき済ませました。

f:id:vtzr:20180914175543j:plain

ちょっとした小皿料理となぜか中東系のMezzaが、、、このバンコクの後行くので手は出さず。。。

f:id:vtzr:20180914175556j:plain

エビのすり身を揚げたものなど、美味しくてお代わりしてしまいました。

f:id:vtzr:20180914180118j:plain

まとめ

予想に反し、かなり活用させていただきました。部屋が同じフロアでアクセスしやすかったということと、雰囲気がよく通る際にちょっと寄っていこうという気になったことが要因かと思います。私たちはお酒をほとんど飲まないので、もともとあまり効果を得られにくいのですが、ここはあってよかったと思えるサービスでした。

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ