Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

門司港グルメ ~三井倶楽部で門司港名物 海鮮焼きカレー&フグ~

門司港名物の海鮮焼きカレーを食べるなら、レトロな洋館の雰囲気も楽しめる三井倶楽部がおススメです。一度に焼きカレーご当地グルメ)とフグ(王道グルメ)の両方が楽しめます。

海鮮焼きカレー | 和洋Restaurant・三井倶楽部

f:id:vtzr:20180103120529j:plain

インテリア

重要文化財に指定された洋館の玄関を入ると、エントランスホールに二階の展示室受付があり、その先にレストランの入り口があります。レストランと言っても、社交場だった頃に利用された大広間にテーブルを並べた会場っぽい部屋1室です。

高い天井と雰囲気のある窓辺が素敵でした。

f:id:vtzr:20180103113817j:plain

メニュー

焼きカレーセットとふく(フグと濁らない)のステーキを注文。いずれもスープ、サラダとコーヒー、デザートが付いて1,500円前後。

フグと言えば下関ですが、壇之浦を隔てて門司は下関に面しています。せっかくなのでフグのお刺身も追加で単品オーダーしました。ふくさしは2,000円。

f:id:vtzr:20180103110555j:plain

門司港名物・焼き海鮮カレーライスセット

門司港と言えば、バナナの叩き売り焼きカレー、最近ではロケ系町おこしでしょうか。いくつかの店で焼きカレーを食べ比べたいところですが、時間が無いのが残念です。

f:id:vtzr:20180103111136j:plain

アツアツで提供されます。ドリアみたいな感じかと思いましたが、想像より香ばしくて美味しいカレーでした。ちょっとハイカラになった気分になれます。

f:id:vtzr:20180103111507j:plain

ふくステーキセット+ふくさし(フグ)

フグのステーキ、プリプリの食感と淡白な身にサッパリしたソースで美味しい。

f:id:vtzr:20180103111454j:plain

ふくのお刺身は意外と量が少ない気がしましたが2,000円ですし、普段そんなに食べる機会も無いのでいい記念になりました。コリコリの皮もちゃんとあります。

f:id:vtzr:20180103112053j:plain

デザート

期待してなかったのですが、門司でバナナを食べることができでラッキー♪

私(旦那)はバナナ苦手なので苦笑い。

f:id:vtzr:20180103113401j:plain

 

国指定重要文化財旧門司三井倶楽部

勝手に日本のキャッシュレス推進を進めている私(旦那)が、機械がないので分かってて「現金のみですか?」と聞いたところ、「ごめん対応してない、お詫びに」と二階の入場料をくれました、鉄道博物館のクーポンもくれようとしてましたが行かないのでそちらはお気持ちだけと辞退しました。せっかく頂いたので二階を少し見学してみることに。

国指定重要文化財・旧門司三井倶楽部 | 和洋Restaurant・三井倶楽部

二階には、門司出身で、今ほど交通が発達していない時代に、シベリア横断鉄道でヨーロッパを旅行した小説家 林芙美子資料館とアインシュタイン博士が来日した際に宿泊したというアインシュタイン・メモリアルルームになっています。

レトロな建物なので、室内をウロウロするだけでも楽しいです。他に観光客もあまりおらず、のんびりと見て回ることができました。

f:id:vtzr:20180103114927j:plain

大正11年アインシュタイン博士が宿泊した際に使ったお風呂、寒そう。私たちも旅先で色々な国に滞在しますので、アインシュタイン博士の目には当時の日本はどんな風に映ったのか、そんなことに思いを馳せながら見学しました。

f:id:vtzr:20180103115235j:plain

こちらは、帰り際に撮影した写真ですが、エントランスの受付にはレトロな衣装の方がおり大正ロマンの雰囲気UPです。

f:id:vtzr:20180103120349j:plain

感想

有名な三井倶楽部で、念願の焼きカレーを食べることができて大満足です。

重要文化財の一室で名物料理が食べられるというだけでも行く価値ありだと思います。大正時代を感じるレトロで素敵なレストランを想像して行ったので、最初はちょっと「食堂っぽさ」が気になりましたが、手頃な値段で料理も美味しく雰囲気もいいので悪くないと思いました。

ちなみに「バナナの叩き売り発祥の地」の記念碑は、三井倶楽部の真ん前にありました。(門司駅からこの記念碑を探して三井倶楽部まで戻ってきました)

f:id:vtzr:20180103122414j:plain

関連記事

旅行記トップ