Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Beijing Hotel NUO Chang'an Avenue(北京ホテルNUO長安通) : 部屋 Heritage Studio

f:id:vtzr:20180501135924j:plain

ホワイエ

扉を開けると入り口に沿う形で長い廊下っぽいホワイエがあります。この部屋は、孫中山孫文)ルームということで、両側には、孫文の写真が飾ってあります。大分年季が入っている感じがします。

f:id:vtzr:20180501142456j:plain

部屋

部屋は、20畳くらいのStudioタイプです。中央はなぜか、絨毯がひかれたスペースでイマイチ使い方が分からない面白いレイアウトです。窓側にソファーとコーヒーテーブル、机、部屋の隅にはいろいろと調度品が置かれています。孫文がよく使ったといわれている「博愛」(愛知万博ではないはず)の書などが飾られていました。

f:id:vtzr:20180501135834j:plain

ベッドの部分は階段2段分(30cm位)床が高くなっています。これは朝寝ぼけているときには危険ですのでご注意下さい。ベッドの手前にはカウチが置かれています。

f:id:vtzr:20180501181822j:plain

キュリオケースの中には、孫文関係の本とメガネなどや杖などの小物が飾られています。それが孫文のものなのかどうかは分かりません。

f:id:vtzr:20180501140510j:plain

水回り

部屋のベッドの両サイドに扉がありますが、ともに水回りにつながっています。窓側の部分はトイレになっており、これまたクラシックな家具が置かれています(トイレ自体は、ホワイエ側にも単体で独立したトイレがあります)。

f:id:vtzr:20180501144945j:plain

中央部分は独立したシャワーブース、

f:id:vtzr:20180501140057j:plain

その隣がダブルシンクの洗面台になっています。

f:id:vtzr:20180501145126j:plain

窓と反対側の隅がバスタブになっています。このバスタブはジャグジー機能がついてるようですが、シャワー派ですので結局使いませんでした。

f:id:vtzr:20180501140119j:plain

窓からの眺め

もともと古い建物で窓の割合が少ないため、それほど明るい感じではないです。ただ、クラシックな建物、内装ですので、その位がバランスがいいかとも思います。8車線くらいの道幅の広い長安通りですので前を遮るものがなく窓からの眺めは悪くないです。滞在時は、視界も良好でしたので、遠くまで見渡せました。ただ、Heritage Roomは出窓になっているので、両サイドまで見渡せますが、Premior Roomの場合は、出窓になっていないFIX窓ですので、角度のある部分までは見渡せない可能性があります。西側の眺め。複層ガラスのため光源が…天安門広場方面の眺め。

f:id:vtzr:20180501191046j:plain

東側の眺め。東方新天地越しのCBD方面。

f:id:vtzr:20180502141903j:plain

まとめ

孫文スイートということで孫文ゆかりの品がいろいろと飾られていました。旧北京ホテルのエグゼクティブな部屋ということで、ゴージャスさと一方で見慣れない家具の配置とが、古き共産主義時代の中国のミステリアスさを感じました。とはいえ、設備はそれなりに最新化されていますので快適に過ごせました。

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ