Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

GHA Discovery攻略

f:id:vtzr:20180717215435j:plain

GHA (Global Hotel Alliance)のDiscoveryというロイヤリティプログラムを知っていますでしょうか?私(旦那)も、たまたま出張先の定宿がこのグループのブランド、ホテルだったため知ったのですが、コレがなかなか良さそうなのです。日本に対象ブランド、ホテルがなく、ほとんど認知されていないと思いますのでご紹介します。

www.discoveryloyalty.com

Discoveryの特徴

人気のあるヒルトンのHHonorsやスターウッドシェラトンウェスティンなど)のspgなどのロイヤリティプログラムは、単一の運営会社で提供されています。それに対しこのGHA Discoveryはそれほど大きくないホテル運営会社が複数集まって一つの共通プログラムを形成しています。名前にAllianceが入っている通りどちらかというと航空会社のアライアンスに近いです。そのため、単一のプログラムでありながらブランドの多様性が広く、ハイグレード路線からカジュアル路線まで幅広いラインナップで構成されています。また、運営会社も複数あるので、特定の地域で展開するブランドでは地域の特色のあるホスピタリティを期待できたりと、画一的なサービスがあまり好きではない私たちにとって魅力的なプログラムと感じています。

参加ブランド、ホテル

ブランド数は35で他プログラムに対して多いですが、プロパティ数(ホテル数)自体は550とそれほど大きくはありません。ちなみにプロパティ数の比較としては、一番大きなホテルチェーンであるマリオットが6,000 > ヒルトン、インターコンチネンタルが4,500程度 > スターウッド 1,200 > ハイアットが700弱といった具合です。こちらで主要なロイヤリティプログラムの比較を行っていますので、興味のある方は参照下さい。

また、参加ブランドですが、いずれも日本に展開していませんので、知名度はそれほど高くないかもしれませんが、以下のようなブランドがあります。

  • ケンピンスキー(Kempinski)
    ドイツのホテル運営会社で、全世界で70強のホテルを運営しています。主にヨーロッパでの展開ですが、全世界広範に、最近では特に中国に力を入れているようです。グレードとしては、個人的な感覚になりますが、HHonors、spgと比較すると標準よりはちょっと高め、それぞれConrad、Luxuary Collectionあたりのグレードに相当する感じでしょうか。
  • アウトリガー(OUTRIGGER)
    これは、ハワイ、グアムにありますので、知っている方はそれなりにいると思います。オセアニアを中心に10のリゾートホテルを展開しています。ヒルトンやシェラトンに比べ同等か若干カジュアルなポジションをとっているイメージです。(泊ったことないのであくまでイメージですが)
  • リーラ(The Leela)
    インドで最高級のホテルを展開しているホテルチェーンです。9つのプロパティを運営しています。(こちらも泊ったことはありません。)
  • 他にも、シンガポールを中心に展開しているパンパシフィックや、香港を中心に展開しているマルコポーロなど、35の多様なブランドが参加しています。

詳細はこちらをご覧ください。

メンバーシップベネフィット

他のプログラム同様、年間の宿泊数の応じてティアが設定されています。ティアとしてはゴールド、プラチナ、ブラックの3段階あります。そして、マイナーだからなのかどうか知りませんが、このティアに必要な宿泊数が非常に甘いのです。プラチナは10泊、最上位のブラックでも30泊です。さては大したベネフィットじゃないんじゃないの???ところがどっこい、それぞれのベネフィットは以下の通りです。

ゴールド

  • 水2本
  • インターネット無料

プラチナ

ゴールドベネフィットに加え

  • ローカルアメニティプレゼント
  • 部屋の1カテゴリーアップグレード(空きがあれば)
  • 15時までのレイトチェックアウト(可能であれば)
  • 1年のうちに新たなブランドを開拓した場合に「経験値プラチナ」獲得(後述)

ブラック

ゴールドベネフィットに加え

  • ローカルアメニティプレゼント
  • 部屋の2カテゴリーアップグレード!!!(空きがあれば)
  • 18時までのレイトチェックアウト(可能であれば)
  • 9時までのアーリーチェックイン(可能であれば)
  • 1年のうちに新たなブランドを開拓した場合に「経験値ブラック」獲得(後述)

詳細はこちらを参照下さい。

10泊で得られるプラチナでも、部屋のアップグレードやレイトチェックアウトのベネフィットが得られます。更に最上位のブラックでは2カテゴリーアップグレード!こちらも他では見たことないです。ちなみにヒルトンの場合、アップグレードのベネフィットが得られるゴールドに必要な宿泊数は40泊です。これなら自力でも上位ティアを狙えるという方も多いのではないでしょうか?

また、2018年5、6月は宿泊数のダブルカウントキャンペーンなるものを実施していました。私はたまたま、この期間にGWの旅行で4泊と出張で3泊していました。それだけで14泊、とりあえず来年プラチナ以上確定です。

経験値(Local Experience)とは?

さて、先ほどのベネフィットの中で、見慣れないものがあったと思います。経験値の獲得、、、ロールプレイングゲームのようです。

こちらがこのプログラムのもう一つの大きな特徴になります。ほかのプログラムでは大体、利用金額に応じた無料宿泊での還元がありますが、このDiscoveryではそれがありません。その代わりに、ホテルでの食事や、SPA、送迎サービス、現地ツアーなどの「Local Experience」を受けられます。この「地域の体験」の権利は、プラチナ、ブラックのステータスの状態で、1暦年で新規のブランドに宿泊した際に得られます。ちょっと分かりにくいですが、例えば、2018年にプラチナのステータスで、ケンピンスキーに宿泊 → 1プラチナ「体験」獲得、その後マルコポーロに宿泊 → 1プラチナ「体験」獲得、その後、別のケンピンスキーに宿泊 → 既にケンピンスキーに宿泊しているのでこの滞在では得られない、といった具合です。これは、本プログラムの参加ブランドの狙いとして、それぞれのブランドの顧客を相互に送客することで、顧客を増やしたいという思惑から来ているのだと思います。で、顧客には、新たな開拓の時にはそれなりに勇気もいるでしょうから、その土地やホテルを知ってもらうために、「体験」を提供することでモチベーションとしてもらおうということなのだと思います。

Local Experienceは、550のプロパティに対して2,500の登録があります。1プロパティあたり平均で5つといった感じでしょうか。価値としましては、プラチナ体験で5,000~10,000円程度、ブラック体験(この訳はいかがなものか)で8,000~20,000円程度といった感じです。明らかに損だろうというものから、えっ、こんなのあるの?というものまで結構ピンキリ、また、Local Expericeには、宿泊しないと受けられないものと、宿泊しなくても受けられるものの2種類があり、攻略のしがいがあります。

Local Experienceの検索はこちらから。

まとめ

GHA Discoveryは複数の企業、ホテルブランドをまたがったアライアンス形式のロイヤリティプログラムで、連合をとることでグローバルに一定の選択肢を確保しています。宿泊数によりティア(ランク)が決定され、ランクごとにベネフィットが決まります。一番上のブラックは2ランクアップグレードなど他に見ないようなベネフィットもあり面白いです。もう一つの特徴が、ポイントやキャッシュバックがない代わりに、暦年ごとに新たなブランドを開拓すると、ローカルの体験(食事やスパ、ツアー、トランスファーなど)の権利を得られます。日本に対象ホテルが一軒もないところがネックですが、それなりに活用価値は高いと思います。いかがでしょうか?

関連記事

2018年一年間積極的に活用してみました。その結果はこんな感じです。

キャンペーン情報(2018年12月末まで):1泊で2泊分のクレジット獲得キャンペーン

TIPS一覧