Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

HHonors(ヒルトンオナーズ)のススメ

f:id:vtzr:20141226230222j:plain

私たちはFFPと同じように、こだわりすぎない範囲でこれらFSPプログラムも活用しています。その中で特に活用している(た?)のがヒルトンのHHonors(ヒルトンオナーズ)になります。これまで様々なメリットを享受してきましたが、このプログラムの特徴をご紹介します。

特徴1:クレジットカードで上級資格"HHonors Gold"の会員に!

HHonorsに限らず、それぞれのFSPプログラムは大抵Tier(階級)が設定され、上級のTierになればなるほどお得意様としてより多くのメリットを享受できるよう設計されています。HHonoersでは4段階のTierが存在し、本来HHonors Goldは上から2番目のグレードで、資格取得条件のためには、20回の滞在もしくは40泊という条件となっています。長期出張は別として、休暇を利用しての旅行の場合はこれだけの宿泊をこなすのは困難でしょう。

このGold Tierのメリットは(可能な場合)部屋の一段階アップグレード、Free WiFi、25%ボーナスポイントなど様々ありますが、個人的に一番のメリットと思うベネフィットは、「毎日2名分の朝食が無料」というところです。
部屋のアップグレード特典が良く注目されていますが、これは「可能な場合」という条件付きのサービスのため、過度に期待するとNGだった時に落胆することになります。
その点、朝食特典は地味ですが、アップグレード成否に関わらず必ず付けてくれます。これだけで普通に3,000円×2名分×宿泊日数分のベネフィットになります。特にロシアやパリなどの食費がかさみがちな都市へ滞在する際には強い味方となります。

なお、アップグレード特典については結構頻繁に適用されるため、次第に慣れてきてしまいついつい「アップグレードされて当然」のような錯覚に陥りがちですが、「アップグレードしてもらえたらラッキー」くらいのスタンスで望む方が、旅行中の精神衛生上よろしいかと思います。

この恩恵が受けられるクレジットカードは、三井住友カードヒルトンHオナーズカードGoldです。通常年会費は13,950円ですが、マイペイスリボや、Web明細などを活用することで7,470円まで抑えることが可能です。先の朝食の価値を考えると、2人であれば、年間2泊もすれば元は取れることになります。 これはお得。

 

特徴2:部屋を自分で指定できる!

HHonorsの携帯アプリには他のホテルグループには(多分)ない珍しい機能があります。
それは飛行機と同じように24時間前からオンラインチェックインできる機能です。その際、部屋まで自分で選択できるのがすごい所です。選択の仕方は簡単。

  1. アプリからオンラインチェックインをする
  2. 予約したルームタイプについてフロア別の選択可能数が表示されるので、希望のフロアを選択
  3. フロアマップもしくはリストでマークが付いている部屋の中から好みの部屋を選択

高層階希望であれば高層を選べばいいですし、特定の方角に面した部屋が希望であればフロアマップからその方角に面した部屋を選択すればいい訳です。ちなみにアップグレードが成功した場合には、アップグレードされた部屋のグレードで選択できるようになっています。改めて、よくできてるなぁと思います。ただし、一旦チェックインが確定すると後から部屋は変更できませんので、しっかり熟考の上決定しましょう。

Case

下は、ヒルトン北京王府井のLifestyle Suiteの選択画面です。

f:id:vtzr:20180716113140j:plain

このホテルのLifestyle Suiteは複数タイプありますが、角部屋のLifestyle Suiteがワイドスパンで非常に気持ちのいいレイアウトになります。その角部屋が希望だったので各フロアを探して9階で空きを見つけ、無事チェックインすることができました。右下の905号室、906号室が選択できる角部屋。9階より上層階では空きなし。

f:id:vtzr:20180715205934j:plain

狙い通りの気持ちのいいワイドスパンレイアウト(^^♪

f:id:vtzr:20180715205931j:plain

昼間は明るい角部屋☆

これは、他ホテルチェーンでは見かけたことがなく、部屋にこだわる私たちにとってはかなり魅力的な機能です。ただ、全てのホテルが対応しているわけではなく、対応有無も事前にわからないところが頼りにしきれず悩ましいところです…

関連記事