Extreme Travel

ちょっとした工夫でExtremeな旅を!

Victoria Falls Hotel(ビクトリアフォールズホテル) : 朝食 Jungle Junction Restaurant

朝食会場はレストラン " Jungle Junction Restaurant " となります。

中庭からの行き方

ホテルのどの施設からも繋がっていませんので、中庭経由でアクセスすることになります。私たちの宿泊した部屋はレストランから反対側だったので、朝食会場への移動は3分程度の気持ちの良いお散歩になりました。

時差の兼ね合いで、7時くらいに自然と目が覚めて、8時くらいに外へ出たのですが、もう太陽がビクトリアフォールズの上に眩しいほど輝いていました。滝は今日も低音でゴーゴー言っています。

f:id:vtzr:20180714141715j:plain

青すぎるほどの空を背景に、朝陽に照らされるホテル本館も美しいです。朝は結構冷え込んで寒かったので、長袖&Gパン、コートを羽織って朝食会場へ向かいます。

f:id:vtzr:20180714141714j:plain

レストランは左手奥の木々を抜けた先にあります。その名もジャングルジャンクション。猿やイボイノシシの親子が中庭を横切っていくのを見ながら、朝からアフリカを感じられます。

f:id:vtzr:20180715104643j:plain

入口の前には石で作ったオブジェが並べられています。これらは気に入ったものがあれば買えるようです。というか、常にこの展示即売会をやっているのかは不明です。

f:id:vtzr:20180715121754j:plain

インテリア?

Jungle Junctionに着きました。藁ぶきの屋根のある半屋外の席と、この建物に囲まれた中庭に完全屋外の席があります。どっちがいい?って決まれますが、結局、どちらも屋外ですので寒いです。念のため、ダウンやコートを持参することをおススメします。

f:id:vtzr:20180715121425j:plain

陽の当たる中庭の席を選びましたが、各テーブルの間にはストーブが置いてあるので、そこまで寒さは気になりませんでした。

f:id:vtzr:20180715121802j:plain

遠くに見える煙のようなものが、ビクトリアの滝の水しぶきです。時折、遊覧ヘリコプターが上空を通って滝の方へ向かっていきます。

シンプルなテーブルセッティングです。カトラリーは多いですね、これだけあれば1、2個落としても何とかなります。席に座るとフレンドリーなウェイターさんが飲み物を聞きに来ます。どのくらいフレンドリーかというと、、、

「おはよう、オレ覚えてるかー」と言ってきます「昨夜、Livingstoneでサーブしてた」と。ゴメン!1、2泊では、ちょっとどこで誰に何してもらったか覚えてないわ~、服も違うし、、、でも、次からはできるだけ個人識別できるようにします。そっちは珍しい東洋人だから覚えてるかもしれないけど、こっちは大変なんだよとも思いつつ。行かれる方はこうしたチェックが入りますので、みんなの顔をしっかり覚えて下さい。

英国式ビュッフェとのことなので紅茶をお願いしました。

f:id:vtzr:20180715121755j:plain

メニュー

屋根の下にあるブッフェコーナーから席を見渡すとこんな感じです。フレッシュジュースがセンター(写真右手)にあります。

f:id:vtzr:20180715121801j:plain

前菜とパンのコーナー。ワニやヘビの形のパンなどありアフリカらしさを出してくれていますが、誰も手を出してなかったです(笑)(かわいそうで切り刻めないでしょう)。寒い朝には温かいマフィンがおススメです。

f:id:vtzr:20180715121759j:plain

ビーンズやちょっとスパイシーな肉料理など、アフリカっぽいものもありました。

f:id:vtzr:20180715121756j:plain

エッグスタンドとシリアルコーナーもちゃんとあります。

f:id:vtzr:20180715121800j:plain

美味しそうなパンやマフィンがたくさんで、卵料理、野菜やフルーツも充実しており、一つ一つのクオリティが高めで驚きました。

テーブルには紅茶のポットが1人1ポット提供されました。アフリカっぽいテイストのものから、ヨーロッパ的な高級感あるものまで、大満足のラインナップです。

f:id:vtzr:20180714141718j:plain

f:id:vtzr:20180715121757j:plain

中でも珍しかったのは、こちらの左端のジャム、" Gooseberry Jam " です。オレンジがかった爽やかな蜂蜜のような甘さにプチプチしたシードの食感がマフィンにピッタリ。速攻スマホでググったところ、Gooseberryとはイギリスの夏の果実「西洋スグリ」のことだそうです。

f:id:vtzr:20180715112552j:plain

f:id:vtzr:20180715121758j:plain

レストランの雰囲気も、ウェイターも感じも良くて、気持のいい朝食でした。寒さを回避して日向を選ぶと、日差しがきついので、サングラスも持参ください。

関連記事

ホテルトップ

旅行記トップ